どんなときもWIFI

どんなときもWiFiでモンハンをプレイできる?

投稿日:

大人気ゲームのモンスターハンターは、現在オンラインプレイ対応の最新作が
発表されています。

モンスターハンターワールド:アイスボーンでは家庭用ゲーム機PS4の他にも
パソコン版も発売され、マルチプラットフォームでプレイが可能です。

でもこのモンハン最新作をモバイルルーターでプレイすることは出来るのでしょうか。
完全無制限のどんなときもWiFiで快適にプレイできるのか調べてみました。

どんなときもWiFiはデータ通信容量完全無制限のモバイルルーター

オンラインゲームをやる時に気になるのは、データ通信容量による通信速度制限です。
普通のモバイル通信ではデータ通信容量の上限が決まっています。

スマホの場合は自分でデータ定額パックの契約をして、その上限を超えるまで使える
というのが一般的です。

でも、どんなときもWiFiではこのデータ通信容量の上限がありません。
月にどれだけの通信をしても、基本的には速度制限を受けることがないのです。

更に直近3日間で10GBまで、という短期間の容量制限もありません。
完全無制限で使うことができるのです。

ただし違法なファイル交換ソフトの利用や回線を占有するほどの大容量通信をすれば
速度制限されることもありますが。

完全無制限で使えるどんなときもWiFiは確かにオンラインゲームをプレイにするには
使いやすいモバイルルーターだと感じました。

モンハンワールドはPS4とSTEAM対応

モンスターハンターは家庭用ゲーム機で最初に発売されてから、色々なゲーム機で
発売されているとても人気の高いゲームです。

オンラインゲームとしては以前、モンスターハンターフロンティアがありましたが
最近10年以上続いたそのサービスを終了しました。

現在プレイできる最新作は、フロンティアと同じくオンラインでのマルチプレイが出来る
モンスターハンターワールドです。

現在は家庭用ゲーム機PS4とパソコンのSTEAMでソフトが発売されています。
どちらの本体で参加しているユーザーも、同じフィールドでプレイすることができます。

このモンスターハンターワールド、略称がモンハンワールドやMHWと言われるのですが
何度がアップデートされています。

最近では拡張パックのアイスワールドが追加され、プレイヤーもますます増えている
という人気のゲームとなっています。

モバイルルーターでオンラインゲームができるのか

携帯ゲーム機やスマホではなく、据え置き型家庭用ゲーム機とパソコンでプレイする
オンラインゲームがモンハンワールドです。

このモンハンワールドをモバイルルーターでプレイすることは出来るのでしょうか。
気になるのはデータ通信容量に通信速度などです。

どんなときもWiFiでは基本的にデータ通信容量無制限ですが、一応あまりの大容量の
通信をすれば速度制限をかけられる可能性はあります。

それにどんなときもWiFi以外のモバイルルーターではやはりデータ通信容量が多ければ
とても厳しい状況になります。

更にオンラインプレイをするために必要な通信速度はどれくらいなのでしょうか。
モンハンワールドでは高速通信が必要になるのでしょうか。

まずはモンハンワールドをプレイするために必要と思われる通信回線の性能を
確認しておきましょう。

モンハンワールドで必要な通信速度は高くない

モンハンワールドの公式サイトなどを確認してみたのですが、公式発表としては
最低通信速度などは発表されていません。

STEAM版ではパソコンの推奨性能などが発表されていますが、基本的に通信環境の
推奨性能などはありません。

一応どんな環境でもプレイには制限を付けていない、ということでしょうか。
そこで口コミなどで必要な通信速度を確認してみました。

色々と調べてみると、プレイができたという報告のある通信速度はかなり低いです。
多分ですが、最低10Mbpsもあれば普通にプレイが可能と言われています。

ただしそれではかなり最低限の通信速度になるので、あくまでも予想ですが
下り40Mbps程度の通信速度は必要になるかと。

でも他のオンラインゲーム、特にパソコンの多人数同時参加型FPSに比べると
低速度でも十分にプレイは可能ということです。

プレイに必要なPing値も50msくらいと厳しくない

ちなみにオンラインゲームでは通信速度の他にもう1つ、Ping値という数値が
重要視されています。

このPing値というのは、いわゆる反応速度のことです。
ボタンを押してから画面に反映されるまでの時間のことです。

後で詳しく説明しますが、Ping値は反応速度なので数値が小さい方が優秀です。
反映されるまでにかかる時間、ミリ秒というのがそのまま単位になります。

そしてモンハンワールドでは大体ですが50msくらいあれば十分にプレイが出来る
と言われています。

この数値はアクションゲームにしてはかなり遅い方で、他のオンラインゲームでは
20ms以下が必須というプレイヤーもいるほどです。

ちなみにオンラインゲームでは100msを超えるプレイヤーはとても嫌われます。
理由は一緒にプレイするとラグがでまくってまともなプレイにならないから。

モンハンワールドは通信環境がそれほど厳しくない

口コミなどの理論値での判断ですが、モンハンワールドをプレイするためには
通信環境はそれほど整える必要がない、という印象です。

通信速度も高速通信が必要とは言われていません。
Ping値も厳しい数値ではないと思います。

まあ元々が家庭用ゲーム機でのマルチプレイを考えて作られているゲームのためか
かなり多くのプレイヤーが参加しやすい数値だと感じました。

モンハンワールドのデータ通信容量は1時間300MB程度

では実際にモンハンワールドをプレイする場合のデータ通信容量はどれくらいになるのか。
実際に計測した人の口コミなどを確認してみましょう。

ちなみにモンハンの発売元、株式会社カプコンでは公式にデータ通信容量を
発表していません。

カプコンではプレイするフィールド、モンスターの種類、ボイスチャットの有無など
不確定要素が多くてはっきりとはわからないということです。

とりあえず実際にデータ通信容量がわかる環境でプレイしている人の口コミを
探してみました。

確かにかなり幅が出ているようですが、ボイスチャットを利用している状態で
4時間プレイすると大体1GBのデータ通信容量らしいです。

つまり1時間では250MB、多少の誤差を考えても300MB程度の通信をしている
と考えられます。

アップデートファイルには要注意

モンハンワールドの場合、ボイスチャットを使わない場合にはもっとデータ通信容量を
低くすることができそうです。

ただしボイスチャットを使わないからと言っても、確実にデータ通信容量を減らすことが
出来るというわけでもありません。

やはりプレイするフィールドや討伐モンスターの種類によってはデータ通信容量が
大きく変動するのでわからない、というのが正直なところです。

もう1つ、ゲームのアップデートファイルには注意が必要になります。
特に大型アップデートではかなり大容量の通信を行うことになります。

アップデートファイルだけで10GBという場合もあるので、データ通信容量を気にする
という場合にはアップデートファイルの方に注意しましょう。

どんなときもWiFiを使ってモンハンをプレイしている動画

どんなときもWiFiは色々なことを考えてもオンラインゲームをプレイするためには
使いやすいモバイルルーターだと感じました。

そこで実際にどんなときもWiFiを使ってモンハンワールドをプレイしている方が
いないのか、動画配信サイトで探してみることにしました。

まあYoutubeで「どんなときもWiFi モンハン」と検索してみたのですが。
探してみると確かにプレイしている人がいました。

そのプレイ動画とプレイの内容をちょっと確認してみましょう。

救援にも普通に参加できる

こちらの動画では他のプレイヤーが受けたクエストに途中参加して、手助けをする
という動画になっています。

動画を見てみた印象としてはクエスト参加時にちょっと時間がかかるかな、という程度で
あとは普通にプレイをしている印象です。

クエスト自体が大型モンスターの2匹討伐クエストで、しかも他にプレイヤーが居る
という状態でのどんなときもWiFiでのオンラインプレイです。

動画を見ている状況での印象ですが、動作におかしなところもなくタイムラグが
起こっているという感じもありません。

ボタンを押してからの遅延、という印象もなくプレイをしている人も普通に討伐が
出来ているという感じです。

ただし動画の最後で集会所のクエストに参加しようとして失敗していました。
集会所のプレイにはどんなときもWiFiではなにか問題がありそうです。

マルチプレイは普通にプレイできる

もう1つプレイ動画を探してみました。
こちらでもモンハンワールドのプレイ動画を見ることが出来ます。

こちらの動画では解説を喋りながらプレイしているスタイルなのでプレイのBGMなどは
あまり聞くことが出来ません。

討伐モンスターも先ほどと違って中型モンスターなのでデータ容量も少ないと思われ
やはり快適にプレイが出来ている、という印象です。

こちらの動画でも他のユーザーとマルチプレイをしています。
プレイ動画なので分かりにくいのですが、多分画質の低下などもないと思われます。

集会所でのプレイは出来ないけど、救援クエストなどマルチプレイは可能

どんなときもWiFiを使っているユーザーの画面、ということになりますが
基本的にプレイに関してはあまり問題がないように感じます。

ボタンの反応の遅延、ラグ、画質の低下、挙動不審な動きなどは動画では
確認することが出来ませんでした。

ちょっと問題になりそうなのは集会所に入ることができない、ということ。
マルチプレイと同じ環境で集会所に接続してもエラーがでてアクセスできません。

集会所のプレイには不安が残りますが、それ以外のプレイでは問題なく
モンハンワールドを遊ぶことができるようです。

WiMAX2+でもモンハンワールドをプレイできる

では他のモバイルルーターサービスではどうなのでしょうか。
どんなときもWiFiと同じように大容量通信が出来るWiMAX2+でもプレイできるのか。

WiMAX2+は月間データ通信容量無制限のギガ放題というプランを提供しています。
月のデータ通信容量には上限がない、というプランです。

ただしWiMAX2+のギガ放題プランでは直近3日間で10GBのデータ通信をすると
速度制限がかかるので完全無制限ではありません。

そんなWiMAX2+を使ってもモンハンワールドを快適にプレイすることができるのか。
こちらも確認してみましょう。

マルチプレイでも問題なく遊べる

WiMAX2+でもYoutubeでプレイ動画を探してみました。
クエスト受領から討伐までを記録した動画が見つかりました。

こちらのプレイ動画では自分から発煙筒を使って救援を求めています。
最初はシングル、すぐにマルチプレイに移行している動画となっています。

プレイヤーが増えてからも問題なくプレイができていると感じました。
飛び乗りなどの特殊行動をしているシーンもあるので、基本的なプレイに問題はないかと。

やはりこちらもマルチプレイでも問題なく楽しむことができそうです。

WiMAX2+では速度制限にかかっている状態でもプレイ可能

WiMAX2+の特徴の1つとして、速度制限がかかっている状態でも下り1Mbps以上の
通信速度が出せることがあります。

モンハンワールドの必要な通信速度としては下り10Mbpsあれば快適に出来るというのが
口コミなどでの噂です。

つまり下り1Mbpsあれば一応はモンハンワールドが出来るのでは?という意見も多く
速度制限されている状態でプレイをした、という人もいました。

一応WiMAX2+では下り5Mbps程度まで速度制限されていても出る可能性がある
ということなので、制限されていても状況によっては問題なくできそうです。

どんなときもWiFiとWiMAX2+はどちらもオンラインプレイ可能

Youtubeで動画を探してみると、どちらのモバイルルーターでもプレイ動画を
見ることが出来て、しかも快適にプレイをしているように見えます。

実際にプレイをしている口コミなどでも、通信速度やPing値も問題なく快適だ
という意見はかなり見つけることができました。

確かにクエスト前のダウンロードの時間が長いなど、ちょっと気になるところはあります。
それにたまにですがラグが出る、という意見も見つかります。

ただしどちらのサービスでもモンハンワールドに関しては、普通にプレイが出来る
という意見が多く見られます。

どんなときもWiFiでは集会所でのクエストが出来ない

どちらもほぼ問題なくモンハンワールドのプレイは出来るのですが、どんなときもWiFiは
集会所のクエストに参加することが出来ません。

集会エリアで他のプレイヤーが作った部屋に入ろうとするとエラーが起きて回線が
切断されてしまいます。

でもWiMAX2+ではこの症状が起きずに集会所のクエストに参加ができるのです。

ちなみに集会エリアでプレイヤーが部屋を作ることは出来ます。
集会所のクエストが全てできない、というわけでもないようです。

この問題は回線で使っているサーバーの問題と思われ、どんなときもWiFiでは
そもそも回線の設定を変更することが出来ません。

つまり集会エリアでクエストを受けたい場合にはWiMAX2+を使う、という選択肢が
残るのみとなるのです。

基本的にはWi-Fi環境でのプレイは推奨されていない

そもそもモンハンワールドでは基本的に固定回線でのプレイを推奨しています。
Wi-Fi環境を使ったプレイはあまりおすすめできないのです。

理由としては通信が安定しないから。
確かにモンハンワールドは通信速度やPing値などはあまり必要としていません。

でもマルチプレイをする場合に回線自体が安定していないと、一緒にプレイする
他のプレイヤーに迷惑がかかる可能性が高いのです。

それに一般的にPing値の測り方を間違えている人も多いです。
自分が意識しているよりももっと他のプレイヤーに迷惑をかけている可能性も。

これらのこともちょっと考えてみましょう。

Ping値とは端末とサーバー間の往復通信速度

先ほど説明したとおり、オンラインゲームの場合はボタンを押してからの反応速度
Ping値というのが重要になります。

Ping値のスコアがいい、数値が低い場合にはボタンを押してからサーバーに
情報がいって、それが画面に反映されるまでの時間が短いということに。

ちなみにレイテンシという言い方もされますが、一応レイテンシは通信にかかる時間
つまりこの場合はサーバーまでにかかる時間のことです。

レイテンシは片道、Ping値は往復にかかる時間なのですが・・・
最近では同じ意味で使われることも多いのでちょっと注意が必要です。

そしてPing値は速度計測サイトで測ることが出来るのですが、この計測結果は
オンラインゲームでは何も意味を持っていません。

Ping値はゲームサーバーで計測しないと意味がない

速度計測サイトで一緒にPing値やレイテンシを測ることが出来るところがあります。
そこでは「速度計測に使うサーバー」とパソコンなどの端末間のPing値を測れます。

当然ここで計測できる数値は、実際にサーバーとのやり取りにかかった時間なので
ある程度の目安にはなります。

でもオンラインゲームは専用サーバーでプレイするので、そのサーバー間でPing値を
計測しなければ本当の数値はわかりません。

通信速度計測サイトで測ることは出来ますが、その数値はあまり信頼せずに
あくまでも参考として考えることをおすすめします。

Ping値が高いとパケットロスを起こしやすい

反応速度が遅い、ということは通信にそれだけ時間がかかっているということ。
そしてどんなときもWiFiなどモバイル通信では電波回線への干渉も大きいのです。

通信途中にノイズが入ってしまうと、サーバー間でのデータ通信をしていたパケットが
ノイズによって届かなくなってしまう状態になります。

これをパケットロスといい、これが頻繁に起きてしまうといわゆる遅延やラグなど
オンラインゲームでのプレイに影響が出るのです。

固定回線を使っていてもLANケーブルが古いままだと途中でノイズが入りやすくなり
パケットロスにつながる場合も。

オンラインゲームで回線の安定性が求められるのは、パケットロスを少なくするため
という考えの方が多いからです。

オンラインゲームをするなら光回線がおすすめ

実際にプレイ動画を見ても、確かにどんなときもWiFiやWiMAX2+で普通にモンハンが
プレイできていると感じます。

でもそれはプレイをしているユーザーからの画面で、一緒にプレイしている人では
ラグが起きている可能性も考えられるのです。

まあモンハンワールドではそれほど通信速度も必要ないので、ラグが出ている可能性は
低いとは考えられますが・・・

状況によって安定性が変化するWi-Fi環境でのプレイはやはりマルチプレイをする
他のプレイヤーにも大きな影響を与える可能性が高いのです。

しかもその影響を与えていることを、Wi-Fi環境のプレイヤーは気が付かない
というのが一番問題なのですが。

どんなときもWiFiでも高い安定性が確保できる、という状況なら何も問題は
ありません。

でも基本的にPS4など据え置き型ゲーム機でオンラインゲームをするなら
光回線でのプレイをおすすめします。

 

LTEのポケットWIFIはWIMAXよりメリットある?

クラウドSIMのメリットは3キャリアで繋がりやすい電波を掴むこと。

ドコモ、au、ソフトバンクの中で繋がりやすい電波?

いえいえ・・・

どのキャリアも全国カバー率はほぼ同じですから・・・

じゃあどんなときもWIFIはどこのキャリアにつながる?

ズバリ、ソフトバンクという噂が多いです。
これが事実だとするとどんなときもWIFI=ソフトバンクのLTEが使い放題のポケットWIFI

となります。
しかも無制限。

 


>>無制限のどんなときもWiFi

 



 

んーどうなんでしょうか?
確かにWIMAXよりはいいですよね。
WIMAXは電波が直進性が高いので、障害物によわいのですよ。

その点、LTEはスマホのネット回線の電波と同じなのでサクサクネットできます。

すまり、3キャリアかどうかはあまり関係ないです。

繋がりやすさが大事、電波が大事!
 

じゃあ別にLTEで安ければいいんでね?という人はこちら。
2000円台で使えます。
 

ただし、無制限ではありません。
でも20ギガって結構な量ですよ。
 


>>20GBを月額2,400円(税別)で使えるWiFi

 

コスパ重視ならネクストモバイル。
 

でもどうしても無制限ならどんなときもWIFI。

私はこう考えます。
 
 



 
 
 

-どんなときもWIFI

Copyright© 疑って選ぶWIFI , 2020 All Rights Reserved.