どんなときもWIFI

どんなときもWiFiは店舗での取り扱いがある?

投稿日:

どんなときもWiFiは公式サイトからの申し込みで契約ができるようになっています。
でもWiMAX2+のような家電量販店での申込受付を見た記憶がありません。

Y! mobileも独自の店舗展開を行っているのですが、どんなときもWiFiではそんな店舗も
見たことがありません。

どんなときもWiFiでは独自の店舗展開や家電量販店での申込受付など、実店舗での
取り扱いがあるのか調べてみました。

どんなときもWiFiでは受け取り専用店舗がある

どんなときもWiFiは基本的に公式サイトからの申込受付のみ、という取り扱いです。
店舗での展開をしていない、ということらしいです。

ただし端末の受け取りに関しては実店舗での受け取りが可能です。
つまり受取専門の店舗が展開されています。

ちょっと特殊な感じですが、一応受取専門でも実店舗での展開というのでしょうか。
受け取りだけはできる様になっていました。

現在利用できる受け取り専用店舗は3箇所

受け取りに利用できる実店舗があるのは、都内2箇所と埼玉県に1箇所の
計3箇所ということです。

つまり現状で考えると、実店舗での受け取りができるのはほぼ都内に簡単に行ける
という方のみだと思います。

一応埼玉県にもありますが、誰でも簡単に使える店舗という印象ではありません。
基本的には都内、またはその近くに住んでいる人だけが使えるサービスという衣装です。

受け取り専用店舗では契約が出来ない

受け取り専用店舗では基本的に受け取りをするだけなので、こちらで契約申し込みをして
その場で受取るということが出来ません。

実店舗での受け取りを希望する場合でも、公式サイトから申し込みをしてから
店舗受け取り希望、と申し込みをする必要があるのです。

ちなみに店舗での受け取りを希望する場合、クレジットカードでの月額料金支払いの
プランのみ受け付けています。

口座振替での月額料金支払いのプランでは実店舗での受け取りが出来ません。
契約するプランにも注意しましょう。

現状家電量販店などで申込受付をしていない

受け取り専用の実店舗だけではなく、家電量販店など他の店舗でも契約ができる
というところがあるか確認してみました。

どんなときもWiFiの場合は家電量販店での展開も行っていません。
そもそも代理店での加入申込受付もないのです。

現状どんなときもWiFiを申し込むためには公式サイトから行う以外の方法がない
という状況です。

今後、どんなときもWiFiの人気が出れば加入代理店ができる可能性はあると
思うのですが、実店舗での受付はかなり難しいと思います。

どんなときもWiFiの端末受け取りができる店舗

では現在どんなときもWiFiの端末受け取りができる店舗はどこにあるのか。
その店舗の確認をしてみましょう。

東京都にあるのは秋葉原と渋谷です。
最初はこの2箇所のみだったようです。

その後、埼玉県の大宮に受け取り用の店舗が出来ました。
現在はこの3箇所で端末の受け取りを直接行っています。

それぞれの店舗を確認してみることにします。

どんなときもWiFi受取店舗渋谷センター

住所は以下のとおりです。
〒 150-0043 東京都渋谷区道玄坂2-10-7
新大宗ビル1階(パソコン修理工場内)
どんなときもWiFi受取センター

JR渋谷駅から徒歩7分程度、場所的には道玄坂を登ったところです。
渋谷109から道玄坂に入る場合は、道路を渡った反対側になります。

開店時間は10時から19時まで、月曜から土曜日まで受け付けていて
日曜と祝日は定休日になっています。

秋葉原センター

〒101-0021 東京都千代田区外神田3-11-2
ロック2ビル1F-B(RGUILD内)
どんなときもWiFi受取センター

こちらは渋谷センターと違ってかなり入り組んだところにある、という印象です。
JR秋葉原駅から徒歩5分ということですが・・・

中央通りからも離れた裏路地にある店舗です。
秋葉原に詳しい人でも簡単に探せるかどうか・・・

営業時間は11時から19時まで。
日曜と祝日は定休日となっています。

大宮センター

〒 330-0854 埼玉県さいたま市大宮区桜木町1丁目1-5
山中ビル4F(スマホスピタル大宮西口)
どんなときもWiFi受取センター

JR大宮駅からは徒歩30秒、一番駅から近い受取店舗となっています。

ただJR大宮駅は改札から出ると補強者用デッキに出るので、駅出口からは
階段を降りて下の道路に行くという必要があります。

そのために駅を出てからすぐに見える、という店舗ではありませんが
秋葉原と比べればとてもわかりやすいところにあります。

営業時間は秋葉原センターと同じ11時から19時まで。
平日と土曜日のみの受付で日曜と祝日は定休日です。

受取店舗の利用は申込時に店舗と日時を指定する

どんなときもWiFiの受取店舗を使うためには、申込時に受取店舗での端末受け取りを
選ぶ必要があります。

公式サイトから申し込む時に、項目の中に「受取店舗を利用する/しない」という
選択肢があります。

これに「利用する」を選ぶと、更に利用する受取店舗の名前を選ぶブルダウンメニューが
表示されます。

同時に受け取りに行く日付を選ぶことが出来ます。
当日も選べますが、時間外に申し込みをする場合は当日受け取りができません。

また先ほど説明したように、受取店舗が利用できるのは月額料金の支払いを
クレジットカードで行うプランのみです。

口座振替での支払いプランでは選択肢が出ないので注意しましょう。

実際の店舗で受け取りができることに魅力を感じるか

ここまでどんなときもWiFiの店舗での端末受け取りについて確認してきましたが
このサービス、本当に便利なのでしょうか。

すぐにモバイルルーターが欲しい、という場合にどんなときもWiFiを選んで
インターネット上から申し込みをします。

実際の店舗で受取を希望しても、それができる様になるのは大体2時間後くらいで
受け取りができるのは都内2箇所と大宮のみです。

まあスマホで申し込みをして、メールを待ちながら店舗近くまで移動。
その後メールが来たら店舗で受け取りという方法は使えます。

でも本当にすぐに欲しい、という場合は店舗で契約してすぐに受け取りができる
レンタルWi-Fiルーターを選ぶほうがもっと早いです。

そこまで切羽詰まった状況ならどんなときもWiFiを選ぶ理由がない、というのが
私の正直な印象です。

実際の店舗で契約と端末受け取りができるレンタルWi-Fiルーターサービス

ではどんなときもWiFiと違って、実際の店舗でレンタルの申し込みが出来て
そのまま端末受け取りもできるレンタルWi-Fiルーターを探してみます。

レンタルルーターのサービス自体はかなり多くあって、サービスによっては空港の
カウンターで受け取りができるというサービスもあります。

またコンビニを指定してそこで受け取りができるというサービスも有りました。
ただ実際の店舗で契約までできる、というサービスはちょっと少なくなります。

でも東京都内で実際の店舗からレンタルと受け取りができる、というサービスも
見つけることが出来ました。

Wi-Fiチャンネル

Wi-FiチャンネルというレンタルWi-Fiルーターのサービスはインターネット上から
申込みをすることが出来ます。

でもそれ以外に都内なら新宿、渋谷、秋葉原に実際の店舗があります。
後は大阪府の梅田にも店舗展開をしています。

こちらの店舗に直接行って、そこで端末の契約をすることが出来ます。
当然端末の受け取りもその店舗で行えるのです。

料金体系もわかりやすく、端末によって決まった1日分の料金をレンタルした
日数分だけ払うというシステムです。

端末のレンタル料金は1日500円程度、長期レンタルの場合は1ヶ月7,000円くらい
というかなりわかりやすいレンタル料金です。

NETAGE

こちらは都内だけではなくかなり広い地域での店舗でレンタルができるサービスです。
基本的にはパソコン工房という店舗の内部で契約をすることになります。

特徴としては電話やネットからの申し込みが出来ません。
全て店舗に直接行ってからの契約、端末受け取りとなります。

しかも支払いは現金のみ、レンタル申込時に支払いが必要になります。
端末はソフトバンクのモバイルルーターで、1~3日レンタルで2,000円です。

店舗は東京都内なら青山、秋葉原、大塚にあります。
その他千葉、大阪、愛知、広島、佐賀、福岡、沖縄の各府県にあります。

返却がレンタル申し込みをした店舗にすることが必要、というのがちょっと
面倒くさいのですが、店舗で直接レンタル申し込みができるのは便利です。

海外からの旅行者に向けて、店舗でレンタル申し込みができるところも多い

最近では海外からの旅行者も日本国内でインターネットを使えなければ楽しく
旅行することができなくなっています。

そのために手軽に店舗でレンタルができる、レンタルWi-Fiルーターのサービスは
かなり多くなっています。

特に都内と観光地では実店舗でレンタル受付をしているところは多いです。
すぐに必要、というならそんな店舗を探すほうが便利だと思います。

空港での受け取りに対応しているレンタルサービスも多い

日本への旅行をする人に向けてのレンタルルーターサービスがあるように
海外に行く時にもインターネットサービスは重要になります。

ただ日本人が海外でレンタルルーターサービスを申し込むのはかなりハードルが
高いと思います。

そこで国内で海外での利用ができるレンタルルーターを申し込んで、空港で
端末を受け取るというサービスができる様になっています。

特に海外での利用ができる「イモトのWiFi」などは主要な空港にカウンターを
設置していて、そちらで端末の受け取りができるサービスが充実しています。

海外向けのレンタルルーターを使うならそんなサービスがあるところを
おすすめします。

どんなときもWiFiは空港受け取りに対応していない

ではどんなときもWiFiは空港での端末受け取りができるのか。
これは現状、空港に受け取りカウンター、実店舗がありません。

海外旅行で使うなら出発の前日までに自宅に配送してもらう必要があります。
一応最短即日発送なので、地域によっては翌日には届きます。

まあどんなときもWiFiは海外「でも」使えるというサービスで、海外の
インターネット通信に特化しているわけではありません。

国内で使っていて、そのまま海外に持っていっても設定変更などなく
電源を入れ直せば使えるという便利さがある、というだけです。

アジア圏ならどんなときもWiFiよりも安く利用できるレンタルルーターが
多くあるのであまり海外用にはおすすめしません。

海外で使えないレンタルルーターサービスもあるので注意

どんなときもWiFiは国内で契約したままで海外に持っていってもそのまま
使うことができます。

まあ海外で使った場合には国内とは別の料金体系での支払いが必要なのですが。
基本的にはそれほど高い金額にはなりません。

でもレンタルルーターには海外での利用が出来ない、海外で利用するとかなり高額な
通信料金を別途支払う必要ができるというサービスも多くあります。

例えばいつでも解約できるレンタルルーター、縛りなしWiFiは解約違約金がなく
月額3,300円で使い続けられるという便利なサービスです。

でも国内での利用のみという契約なので、海外で通信をしたことがわかると
かなり高額な通信料金を別途支払うことが必要になります。

レンタルする端末にもよりますが、ソフトバンクかauの海外通信の料金がかかるので
かなり高額になることが予想できます。

ちなみに縛りなしWiFiは最短翌日発送で実店舗での受け取りも出来ないので
レンタルする時には受け取りまでの時間も考えて申し込みをしましょう。

どんなときもWiFiはコスト削減のために家電量販店での取り扱いがない

受取店舗とは別に、申し込みができる店舗の展開をしないのはなぜなのか。
例えばY! mobileやWiMAX2+のように家電量販店での展開をしない理由は?

考えられるのは、コストをかけないために実店舗での展開をしないという理由です。
実店舗を展開すると一番大きなコスト、人件費がかなり大きくかかります。

確かに実店舗で営業すればその分だけ申し込みユーザーが増える、という可能性は
高いと思います。

ただしそのためには説明ができる店員を育てること、その店員を雇うことが必要で
そのコストはかなり大きなものになります。

そしてコストがかかれば当然その負担は月額料金で補うことになります。
それはユーザーが負担する、ということになるのです。

どんなときもWiFiが安い金額でレンタルできるのも実店舗がないというのも
理由になっているのかもしれません。

どんなときもWiFiのサポートは電話とメール

人件費がかかるもう一つのサービス、ユーザー向けのサポートサービスについても
確認してみましょう。

どんなときもWiFiは他のサービスと同じように、基本的にはサポートセンターへの
電話による受け答えとメールでの回答となっています。

一応新規加入申し込みについてはチャットサポートが利用できるのですが、通常の
サポートではチャットを利用することが出来ません。

そしてサポートセンターの電話対応時間が、11時から18時と他のサービスよりも
ちょっと短いのが気になります。

一般的なサポートダイヤルは午前10時から始まるところが多いので・・・
それと混雑している時間帯が多いことも気になります。

どんなときもWiFiのサポートセンターの混雑予想

どんなときもWiFiの公式サイトではサポートセンターの電話混雑予想があります。
これを見ると月曜日はほぼ電話がかからない、という状況です。

サポートセンターは平日月曜から土曜まで、日曜日と祝日は定休日になっています。
つまり定休日明けの月曜日はどんな時間帯でも混雑が予想されているのです。

他の平日の午前中は混雑、昼休み時間も混雑予想となっています。
14時から16時位まではつながりやすい、と予想されていますが・・・

一般的な会社が終わる17時以降はやはりつながりにくいという予想です。
つながらない予想の月曜日よりはいいのですが。

サポートセンターにももう少し人員を配置して欲しいところです。

どんなときもWiFi実店舗での受け取りはあまり魅力を感じない

すぐにでもモバイルルーターを使いたい、というなら確かに実店舗での
受け取りというのは魅力的に感じるかもしれません。

でもどんなときもWiFiの場合は、申し込みがインターネットで受け取りまでに
2時間というかなりの時間が必要になります。

これを考えると、わざわざ実際の店舗まで受け取りに行くのではなく、自宅まで
郵送してもらうほうが便利に思えます。

それほど切羽詰まった状況なら、やはり店舗で契約してすぐにレンタルできる
他のサービスを使うほうが早く手元にルーターが来ます。

どんなときもWiFiで実店舗を使って受け取りをする魅力は私には感じることが
出来ませんでした。

-どんなときもWIFI

Copyright© 疑って選ぶWIFI , 2020 All Rights Reserved.