どんなときもWIFI

どんなときもWiFiは地下鉄でも使える?

投稿日:

最近テレビや動画配信サイトでも多くのCMを見ることが出来るどんなときもWiFiは
かなり注目されているモバイルルーターです。

出演している役者にも注目されていますが、その使い勝手の良さも口コミでは
かなりの評判となっているようです。

どんなときもWiFiは本当にどんなところでも使う事ができるのか?
電波が届きにくいと言われる地下鉄でも使えるのか調べてみました。

どんなときもWiFiは地下鉄でも快適に使える

実際にどんなときもWiFiを使っているユーザーの意見を聞いてみよう、と思い
どんなときもWiFiの口コミを探してみました。

特に地下鉄で実際に使っている人の意見を調べてみたのですが・・・
調べた感じではかなり快適に使える、という意見が多いです。

地下鉄の駅はもちろんですが、地下鉄に乗っている時にインターネット接続をしても
問題なく動画などが見られるという意見も多いです。

通勤通学の時に動画を見ている、という口コミも多いのでどんなタイミングでも
回線が途切れることは少ないのでは、という印象です。

都心だけではなく地方都市の地下鉄でも問題なし

地下鉄と言っても都心だけで走っているわけではなく、大阪などでも地下鉄が
あるのですが・・・

地方都市の地下鉄でも問題なくどんなときもWiFiを使うことは出来るのでしょうか。
こちらもやはり使っている人の口コミを探してみます。

実際に大阪の地下鉄で使ってみた、という方の口コミを見つけたのですが
やはり問題なくインターネット接続が出来ているようです。

確認した限りでは通信速度も問題なく、地下部分を走っているときでも地上部分と
変わりない通信速度がでているようです。

多分ですが他の地方都市の地下鉄でも、問題なくどんなときもWiFiを使うことは
出来ると思います。

どんなときもWiFiは携帯の3大キャリアの電波を使っている

どんなときもWiFiがなぜ地下鉄でも問題なくインターネット接続ができるのか。
その理由は使っている電波にあると思います。

どんなときもWiFiでは携帯電話と同じ電波回線を使ってインターネットへの接続が
出来るようになっています。

そして、インターネット接続に使っているのは大手の携帯キャリア、ドコモとau
ソフトバンクの電波なのです。

つまり普通にスマホを使っていて、地下鉄でも使えるのと同じ様に
どんなときもWiFiは地下鉄でも使う事ができるのです。

どんなときもWiFiの説明を見ると、大手キャリアの電波の中から最適なものを
選んで使う事ができる、とありました。

地下鉄でも使えるように整備している大手キャリアの電波が使えるので
地下鉄でも問題なくインターネット接続ができるのです。

WiMAX2+とどんなときもWiFiを比較してみる

同じようなモバイルルーターとしてよく比較されているのがWiMAX2+です。
こちらも月間データ通信容量無制限というプランがあるモバイルルーターサービスです。

そんなWiMAX2+とどんなときもWiFiのどちらが地下鉄で使いやすいのか。
ちょっと比較してみることにします。

ちなみにどんなときもWiFiもデータ通信容量による通信制限がない、という
無制限のモバイルルーターという意味ではWiMAX2+と一緒です。

まあどんなときもWiFiには直近3日間など短期間での通信制限もないので
完全無制限という大きな魅力があるのですが・・・

ただし通信速度がWiMAX2+に比べるとかなり遅い、というデメリットもあります。
現在WiMAX2+は光回線に匹敵するくらいの高速通信が出来るという魅力があります。

簡単に比較ができない2つのサービスですが、ここでは地下鉄での使いやすさだけで
比べてみることにします。

地下鉄駅ホームではどちらも安定する

まずは地下鉄の駅ホームでインターネット接続した場合、WiMAX2+と
どんなときもWiFiはどちらも安定してインターネット接続ができます。

WiMAX2+もその魅力である高速通信が出来るくらいの安定性があり、問題なく
インターネットへの接続ができます。

どんなときもWiFiも普通にインターネット接続ができます。
どちらもほとんど地上と変わらない印象でネットへの接続ができている感じです。

走行中の車内ではどんなときもWiFiのみつながる

では走行中の地下鉄車内ではどうなるのでしょうか。
駅以外の区間ではWiMAX2+のインターネット接続が難しくなります。

一方のどんなときもWiFiは走行中でも問題なくインターネット接続ができます。
まあ場所によっては通信速度が遅くなる場合もあるのですが。

WiMAX2+では走行中の車内ではインターネット接続が出来るところのほうが少ない
という印象になります。

元々WiMAX2+は地下鉄の車内では電波が届きにくいと言われているので
駅やコンコース内での利用を推奨しているのですが・・・

使っている電波の種類の違いもあって、走行中の地下鉄車内ではどんなときもWiFiが
とても便利に見えるという結果になりました。

WiMAX2+は地下鉄すべての駅に対応していない

WiMAX2+の地下鉄の対応を調べてみると、都心でも地下鉄の全ての路線の駅には
対応していないということがわかりました。

対応している路線でも一部区間のみ、駅ホームやコンコースでの接続が可能となっていて
その他の駅ではネット接続が出来ない可能性があると説明してあります。

現在も地下鉄での対応を進めているようですが、現状としてはどんなときもWiFiの
対応エリアには届いていないというところでしょうか。

どんなときもWiFiが地下鉄でも使える理由

WiMAX2+と比べても、どんなときもWiFiが地下鉄でインターネット接続がしやすい
ということがわかりました。

ではなぜどんなときもWiFiが地下鉄で使いやすいのか。
駅やホームだけではなく走行中の地下鉄でも使える理由を確認してみましょう。

まあ簡単に言えば大手キャリアがアンテナの整備をしているから、ということに
なるのですが。

このアンテナ整備についてもう少し詳しく確認してみましょう。

地下鉄駅のホームではWiMAX2+同様にアンテナが設置されている

まずは普通に駅構内や駅ホームでの利用について。
こちらはWiMAX2+と同様にどんなときもWiFiで使える電波が届いています。

その理由は単純にアンテナがあるから。
特に地下鉄駅ホームでは大手キャリアのアンテナは充実しています。

都心の地下鉄なら、現状ほぼ全ての路線の駅ホームで3大キャリアが使えます。
ドコモとau、ソフトバンクの端末をインターネット接続出来ます。

当然その電波を使ってインターネット接続するどんなときもWiFiも同じ様に
インターネット接続が出来る状況になっています。

地下鉄線路脇に大手キャリアのアンテナが有る

では走行中の地下鉄車内でインターネット接続が出来るのはなぜでしょうか。
理由は簡単、地下鉄では線路の脇に大手キャリアのアンテナがあるからです。

地下鉄のアンテナ工事が始まったのは2011年の年末から、当時の大手キャリア
4社、ドコモ、au、ソフトバンク、イー・アクセスが合同で行っています。

元々は地下の圏外をなくす、ということで始まりました。
その後は4Gでも使えるようになっていったようです。

現状としては首都圏をはじめ多くの地下鉄や地下街でスマホが使えるようになりました。
その電波を使っているどんなときもWiFiも同じ様に使えるというわけです。

ちなみに地下鉄の線路内のアンテナは電気ケーブルのようなチューブ型をしている
特殊なアンテナとなっています。

実際の口コミ通信速度を確認

実際に地下鉄内でどんなときもWiFiを使っている人の口コミを調べてみます。
主にどれくらいの通信速度でインターネットが出来るのかを調べてみましょう。

まあインターネットの通信速度はその時の状況、時間帯や混雑しているなどの
環境によっても大きく変わってきます。

そのためにある程度の参考、ということになりますが・・・
まずは大阪の地下鉄で実際に速度計測した人を見てみましょう。

大阪の地下鉄には地上部分のある路線があります。
その地上部分ではもちろん下り最速30Mbps程度の通信速度がでていました。

これは普通にモバイル通信としても速いと思いますが。
同じ路線で地下部分に入った後の通信速度も調べてみます。

地下を走行中でも下り25Mbps程度とかなり快適な通信速度が計測されている
という口コミでした。

普通にスマホが使える状況なら、快適にどんなときもWiFiを使っての
インターネットも出来るということです。

東京メトロでも普通に使える

もう一つ、東京メトロの丸ノ内線でも通信速度を計測した人がいました。
こちらの口コミも確認してみましょう。

丸ノ内線の主要駅の構内と走行中に速度計測をしたそうです。
その結果は、新宿駅や東京駅という大きなところではちょっと遅いという印象です。

新宿駅を発車した後では下り15Mbps程度でした。
また東京駅に到着する前にはやはり下り20Mbpsを下回る結果となっています。

まあこの2つの駅は利用者が多いことでも有名なので、単純にスマホの電波を使っている
ユーザーが多いという原因かもしれませんが。

それでも下り10Mbpsを超える通信速度が出せる、というのは快適に使えるという
印象の通信速度だと思います。

快適に使える通信速度の数値

地下鉄で使えるインターネット回線ということがわかったところで、ちょっと
通信速度についても考えてみます。

インターネットを使う時に、快適と言える実感ができる通信速度とはどれくらいか。
実際の通信速度という数値ではいくらなのかを考えてみます。

まあ人によって快適と感じる速度は違うと思いますが。
一般的に「これくらいあれば十分に足りる速度」という感じで調べてみます。

高画質動画を見るなら20Mbpsくらいは必要

インターネットの通信速度は毎秒、どれくらいのデータ通信ができるのか
ということを数値にしています。

それが数字にbps、ビットパーセカンドという単位を付けて表しています。
例えば今の光回線は1Gbpsという最高速度が出せる、ということになっています。

まあ最高速度は理論値なので、実際にその通信速度が出ることはまずありません。
そこで実際の通信速度の計測がとても重要になるのですが・・・

現状では多分、高画質動画を見る場合に一番通信速度の影響が出るはずです。
高速通信が出来なければ動画がスムーズに見られないのでイライラするはず。

4Kの高画質動画を見るなら最低でも下り20Mbpsというかなりの高速通信が
必要とされています。

ただHD720p程度の画質なら3Mbpsもあれば十分快適に楽しめます。

WEBサイトを見るなら10Mbpsで十分

インターネットを使う人の多くはブラウジング、ブラウザを使ってWEBサイトを見る
という使い方をしていると思います。

ネットショッピングや調べ物などはこのWEBサイトを見る、という使い方になります。
これなら下り10Mbps位あれば十分と言われています。

最近ではWEBサイトもかなり高画質の写真を使うことも多くなり、中には動画で
何かを紹介しているというサイトもあります。

そんな、いわゆる重たいサイトでも10Mbpsあれば十分に快適に見られると思います。

メールやSNSなら5Mbpsあれば快適

文字や簡単なスタンプのやり取り、というSNSやメールで使うなら通信速度は
下り5Mbpsあれば快適に使えます。

特に文字だけのメールなら下り1Mbpsもいりません。
まあメールなら3G回線でも出来たので、4G回線ならほぼ問題なく出来るかと。

ただ、最近ではやはりスマホの普及もあってメールでもイラストやスタンプなど
データ容量が大きい通信をすることも多いです。

その場合は1Mbpsではちょっと足りないかな、という印象ですが。
基本的にそれほど高速通信を必要としないのがこの使い方です。

オンラインゲームでは通信速度よりPing値が重要

最近ではパソコンだけではなく、家庭用ゲーム機でもオンラインゲームが
簡単に出来るようになっています。

これをする場合は確かに通信速度も必要と言われていますが、それよりも
反応速度のPing値の方が重要視されています。

一応ゲームによって適切な通信速度、というのが違いますが。
ゲームによっては10Mbpsあれば十分にオンラインでのプレイが出来るものもあります。

ただし、ボタンを押してからサーバーに通信して、それを画面に反映させるためには
回線の反応速度がとても重要になります。

特に多人数同時参加型のFPSでは反応速度がゲームプレイの結果に大きく影響します。
そんなゲームではPing値は20ms以下が必要という人もいるほどです。

ちなみにPing値は数値が少ないほど早く画面に反映されるのでいい、ということに。
これが100msを超えるとオンラインゲームでは厳しい、と言われています。

大手キャリアの実行速度を知ることが出来る

どんなときもWiFiの通信速度が実際にどれくらいなのか。
使っている人なら通信速度計測サイトなどを使えばすぐに分かります。

でも自分の住んでいる地域や行動範囲の地域では実際にどれくらいの通信速度が
計測されているのか、知りたいという方も多いと思います。

そんなときには、各キャリアが発表している実行速度計測結果を見ることがおすすめです。

実行速度とは総務省が定めたガイドラインに基づいて実際に計測した通信速度のこと。
それを地域ごとに各キャリアが発表しているのです。

これを見れば対象となっている都市の計測値の最大値、最小値、中心値などがわかり
大体の通信速度が予測できるようになっています。

ドコモ、ソフトバンク、auそれぞれが発表しているので確認してみましょう。

自宅で通信速度が遅いと感じるようならフェムトセルというサービスもある

どんなときもWiFiの場合、使っているのが大手キャリアの電波回線なので
通信速度が安定しないという場合は大手キャリアのサービスを使うことも出来ます。

それがフェムトセルというサービスです。
ドコモではマイエリアというサービスで提供されています。

フェムトセルとは室内基地局などと言われるもので、ドコモの場合は光回線や
ADSLを使って4G回線をつながりやすくするアンテナを増設します。

使っているのがスマホの4G回線なので、誰でも勝手に使えるわけではなく
申込みをしても既存の電波回線に干渉するようなら設置が出来ません。

電波法に基づいて設置されるので個人が勝手に設置することも出来ませんが
設置できれば基地局を自宅に置くことになるのでかなり電波が安定します。

月額料金が400円程度かかりますが、自宅の回線速度安定の方法としては
こんなサービスもあります。

各キャリアの電波は安定しているが、全てを支えないので注意

地下鉄駅ホームでも走行中でも口コミでは安定して使える、という評判なのが
どんなときもWiFiです。

確かに大手キャリアの回線を全て使えるというのは魅力的なのですが・・・
3大キャリア全ての回線を使えるわけではありません。

どんなときもWiFiの端末では対応している電波の周波数帯、Bandが決まっています。
キャリアの電波で使っているBandが全て使えるわけではないのです。

大手キャリアの電波の対応地域だからどんなときもWiFiが必ず使える、という訳ではない
ということを忘れないでください。

それにソフトバンクの電波を優先的にキャッチするという噂もありますし・・・
状況によって電波の安定性は変わることを覚えておきましょう。

-どんなときもWIFI

Copyright© 疑って選ぶWIFI , 2020 All Rights Reserved.