どんなときもWIFI

どんなときもWiFiのランプが点滅しているのはどうして?繋がらない場合の解決方法は?

投稿日:

どんなときもWiFiではモバイルルーター端末を必ずレンタルすることになります。
そしてこの端末には液晶画面がありません。

端末の状態を確認するには前面カバーにあるランプと、その下にある4つのランプを
合わせてみることになります。

この前面カバーにある確認ランプが点滅しているときには、本体に何か異常がある
ということになるのでその解決方法を探す必要があります。

どんなときもWiFiの確認ランプの種類

どんなときもWiFiでレンタルできる端末の操作方法は基本的に電源ボタンを押す
ただこれだけです。

操作できるボタンというのが電源ボタンのみ、一応リセットボタンもあるのですが
これは工場出荷状態に戻すために使うだけです。

通常操作はすべて電源ボタンを押して行います。
このボタンの押し方で端末の状態を確認することになります。

ではどうやって確認するのか。
それが前面カバーに付いている確認ランプとインジケーターランプです。

確認ランプは3種類、インジケーターランプは小さなランプが4つ並んでいます。
それぞれのランプの意味をまず確認してみましょう。

Wi-Fiランプ

前面カバーの向かって一番左にあるのがWi-Fiランプです。
基本的にはモバイルルーター端末とスマホなどをWi-Fi接続した時に点灯します。

後はモバイルルーター端末本体の電源を入れた時に、インターネット回線への接続を
行っている間だけ点滅しています。

インターネット回線への接続が中々できないときには数十秒も点滅が続くことが
あるそうです。

電波ランプ

3つ並んだ確認ランプの真ん中にあるのが電波ランプです。
通常は点灯していませんが、電波確認をする時に点きます。

このランプが点滅しているときは基本的にインターネット回線に接続するための
電波回線に異常がある場合です。

ただしクラウドSIMではなく、通常のSIMカードを装着して使うときには
どのSIMを使うか選んでいない最初の状態の時に点滅して知らせてくれます。

バッテリーランプ

確認ランプの向かって一番右にあるのがバッテリーランプです。
バッテリーの状態を確認する時に点灯します。

その他にはボタン操作をしなくてもバッテリーの状態によっては点滅をして
教えてくれます。

早い点滅をしているときはバッテリー残量が少なくなっている状態です。
遅く点滅をしているのは充電している状態です。

充電が終わると点灯している状態になって知らせてくれます。

4つの小さなランプは状態の詳細を表している

確認ランプの下に4つの小さなランプがあります。
これが端末の状態を細かく確認するためのインジケーターランプです。

電波状態を確認したときには確認ランプのWi-Fiと電波ランプが点灯します。
そして現在の電波状態をランプの数で表しています。

4つなら非常に強い、3つでやや強い、2つならやや弱い、1つで弱いということに。
ランプが点かなければ電波を受信していないという状態です。

バッテリー確認をした場合はWi-Fiとバッテリーランプが点灯します。
4つのランプは大体のバッテリー残量を表しています。

4つで100%、以下75%、50%、25%という意味になります。
バッテリーが0%ならそもそも電源が入らないのですぐに分かるかと。

端末状態確認の操作方法

それぞれのランプの意味がわかったところで、そのランプの状態確認をする
操作方法も調べておきましょう。

まあ操作方法はどんなときもWiFiの公式サイトなどで、モバイルルーターの
操作方法というヘルプがあるのでそちらでも確認が出来ます。

それとどんなときもWiFiで使っている端末は市販されているGLOCALNETの
U2sという端末と同じものです。

どんなときもWiFiではD1と呼んでいますが、本体の性能表を確認すると
全く同じ端末ということがわかります。

そこでこちらの会社のU2sの操作方法を確認しても問題なく使う事が出来ます。

電源を入れる

本体の操作は全て本体側面、ランプを正面にした左側にある電源ボタンを使って
操作をすることになります。

基本的な操作として電源を入れるにはどうするのか。
電源ボタンを3秒ほど押せば電源ONになります。

印象としては電源が入っていない状態で電源ボタンを押して、端末が起動するまで
押し続けるという感じです。

電源を切る

次に電源を切る操作方法です。
こちらは電源ボタンを5秒ほど押し続けると電源OFFになります。

それなりに長い時間、押し続けるという印象です。
こちらの端末ではスマホのようにスリープモードがありません。

使わないときには電源を切る、という操作が必要になります。

再起動をする

端末の調子が悪いときなどに再起動を書ける方法もあります。
それが電源ボタンを18秒押し続けることです。

感覚としては電源を切る操作のままボタンを押し続ける、という感じで
そのまま再起動をするまで待つという印象です。

電池残量と電波の強さを表示する

電源が入っている状態で、電源ボタンを軽く押すとバッテリー残量と電波状態の
確認をすることが出来ます。

確認ランプのWi-Fiとバッテリーが2つ同時に点灯します。
3秒ほど4つのランプを使って大体のバッテリー残量を表示します。

その後自動的に電波の強さを表示します。
今度はWi-Fiと電波のランプが2つ同時に点灯します。

やはり4つのランプを使って現在の電波状況を表示することになります。
それぞれ別に確認することが出来ないので注意しましょう。

工場出荷状態に戻す

一応ユーザーが出来る操作ということで、本体を工場出荷状態に戻す方法も。
電源ボタンの上にあるリセットボタンを押すことで工場出荷状態に端末を戻します。

ボタンはとても小さいので指で押せませんからなにか先の尖ったものを使いましょう。
5秒ほど押し続けると状態がリセットされます。

設定などもリセットされるので初期設定として行う防護機能の解除もやり直します。
SSIDなどの変更をしている場合も元に戻ります。

トラブル以外でも確認ランプが点滅することはある

操作方法と各ランプの意味がわかったところで、ランプの点滅についても少し
注意事項があります。

基本的にランプが点滅している状態というのは、本体などに何かトラブルが
発生している状態です。

ただし点滅しているからどこかおかしい、というわけでありません。
異常がなくても点滅することもあるのです。

そのランプが点滅する、普通の状態についても確認してみます。

アップデート中は全ての確認ランプが点滅する

工場出荷から初めて電源を入れたとき、端末のファームウェアが自動アップデートされ
そのときには全ての確認ランプが点滅しています。

自動アップデートには数分かかる場合が多いので、その間はずっと確認ランプが
3つ全て点滅している状態になります。

本体に問題がなければ自動アップデート後、点滅が自動的に終わって端末が
インターネット接続できるようになっています。

電源を入れた直後はWi-Fiランプが点滅する

電源を入れた直後はインターネット接続する回線を探すためにWi-Fiランプが
点滅しています。

普通に回線を探しているなら電波ランプだと思うのですが、このときにはWi-Fiの
ランプが点滅しているのです。

回線につながれば点滅は止まるので、回線を掴むまで待ちましょう。

使うSIMを選んでいないと電波ランプが点滅する

どんなときもWiFiはクラウドSIMというシステムを使っているので、端末に
SIMカードを装着せずに使う事が出来ます。

実際にどんなときもWiFiと契約して、レンタルした端末にはSIMカードが
装着されていません。

ただし端末自体はSIMカードを装着することが出来るので、自分で別に契約した
SIMカードを挿して使う事ができるのです。

このSIMカードが装着されて、クラウドSIMと合わせて複数のSIMカードを
利用できるという時に電波ランプが点滅します。

これは端末の設定画面から使うSIMカードを選んで欲しいというサインです。
使うSIMカードを選択すれば点滅は終わります。

バッテリーランプの点滅は残量が少ない状態

バッテリーランプの説明でもしましたが、こちらが点滅しているときには
バッテリー残量が少ないという状態を表しています。

早く点滅している状態はバッテリー残量が少ないので、できれば充電をしましょう。
充電中はゆっくりとバッテリーランプが点滅しています。

バッテリーがフル充電されるとランプが点滅から点灯に変わります。

これ以外の状態でランプが点滅しているならどこか不具合がある

異常がない状態でもこれだけランプの点滅があります。
ただこれ以外の状態で点滅しているなら、何か異常が発生している事になります。

実際に普通に使っていて、ランプが点滅するという状況はそれほど多くありません。
バッテリーランプの点滅以外の状態ならすぐに解決策を探しましょう。

電波ランプが点滅しているのは電波が届いていない状態

電波ランプが点滅している、という状態は現状インターネット接続のための
電波回線につなぐことが出来ていないということです。

どんなときもWiFiはトリプルキャリア対応で、その時に最適な電波を選んで接続する
という話なのですが・・・

実際に使っている人の口コミでは、ソフトバンクの電波だけ優遇されていて
他のキャリアの電波はあまり使えないという話もあります。

普通ならソフトバンクの電波が弱くてもドコモやauの電波を使う事ができるので
そちらでインターネット接続するはずです。

それが出来ていないので電波ランプが点滅している、と考えられます。
この解決策を探してみましょう。

再起動してみる

単純に他のキャリアの電波のキャッチに失敗しただけなら、再起動をかけて
別のキャリアの電波がつかめるようにするという方法があります。

どんなときもWiFiのモバイルルーターは電源を入れた時に、インターネットの
接続回線をつかみに行きます。

まあ強制的に強い電波をキャッチできるか試してみる、という方法です。
状況によってはこれですんなりと別の電波を捕まえることが出来ます。

電源を切って放置

完全にあきらめる、という意味ではなく一旦端末の電源を切ってから
時間を置いて再度挑戦してみるという方法です。

どんなときもWiFiではクラウドSIMという特殊な方法でサービスの提供を
行っています。

たまにですが、回線状態が安定しないということも十分に考えられます。
そこでちょっと時間を置いてから再度試してみるのも一つの方法です。

まあ仕事などでインターネットがどうしても必要、というときにはこんなことを
言っている場合ではないのですが。

口コミなどでも30分くらい経ってから再挑戦したら普通に接続できたという
報告もあります。

起動時の接続に失敗する場合も再起動は有効

電源を入れたときの電波のキャッチに失敗をする、ということもあるそうです。
そのときにはWi-Fiランプと電波ランプが点滅したそうです。

起動時の回線接続に失敗をする、ということもあるそうなので・・・
そんな時にも再起動は有効な手段です。

起動時のWi-Fiランプ点滅や電波ランプ点滅で回線状態が悪いときには
再起動で強制的に別の回線接続を試みる、という方法です。

一応どんなときもWiFiはトリプルキャリア対応と言っているので、別の回線に
接続することが出来るはずです。

他の回線でどんなときもWiFiの接続状況を調べてみる

回線接続の解決方法、というよりも状況確認になりますが・・・
別の回線を使ってどんなときもWiFiの接続状況を確認するのもおすすめです。

どんなときもWiFiでは以前、広い地域で接続ができなくなったことがあったそうです。
通信障害という感じでしょうか、そんな状態になりました。

つまり端末や電波の関係ではなく、どんなときもWiFiのサービス自体がおかしい
ということも考えられます。

どこかのFree Wi-Fiなどで状況が確認できれば、どんなときもWiFiの情報を
集めてみましょう。

電源の入れ直しは公式でも推奨の方法

どんなときもWiFiの端末のランプの点滅の解決方法は、基本的に端末の電源を
入れ直すということが一番かと。

再起動だけではなく、電源を切ってから時間を置いて電源を入れ直すというのも
解決方法としてはおすすめです。

ちなみにこの電源の入れ直しは、公式のツイッターでもトラブルの解消方法として
紹介されています。

端末が使える電波を探しに行って、中々繋がらない場合も多いようです。
そんなときには電源を入れ直すという方法がいいとのこと。

ちょっと手間がかかりますが、最悪の場合はリセットという方法もあります。
でもまずは電源を入れ直して様子を見ましょう。

それでも繋がらない場合はカスタマーセンターに電話をします。
ユーザーが出来る解決方法としてはこんなところでしょうか。

 

LTEのポケットWIFIはWIMAXよりメリットある?

クラウドSIMのメリットは3キャリアで繋がりやすい電波を掴むこと。

ドコモ、au、ソフトバンクの中で繋がりやすい電波?

いえいえ・・・

どのキャリアも全国カバー率はほぼ同じですから・・・

じゃあどんなときもWIFIはどこのキャリアにつながる?

ズバリ、ソフトバンクという噂が多いです。
これが事実だとするとどんなときもWIFI=ソフトバンクのLTEが使い放題のポケットWIFI

となります。
しかも無制限。

 


>>無制限のどんなときもWiFi

 



 

んーどうなんでしょうか?
確かにWIMAXよりはいいですよね。
WIMAXは電波が直進性が高いので、障害物によわいのですよ。

その点、LTEはスマホのネット回線の電波と同じなのでサクサクネットできます。

すまり、3キャリアかどうかはあまり関係ないです。

繋がりやすさが大事、電波が大事!
 

じゃあ別にLTEで安ければいいんでね?という人はこちら。
2000円台で使えます。
 

ただし、無制限ではありません。
でも20ギガって結構な量ですよ。
 


>>20GBを月額2,400円(税別)で使えるWiFi

 

コスパ重視ならネクストモバイル。
 

でもどうしても無制限ならどんなときもWIFI。

私はこう考えます。
 
 



 
 
 

-どんなときもWIFI

Copyright© 疑って選ぶWIFI , 2020 All Rights Reserved.