どんなときもWIFI

どんなときもWiFiの充電器オプションは必要?

投稿日:

データ通信容量無制限でどこでも使えるモバイルルーターとして人気があるのが
どんなときもWiFiというサービスです。

ただ、普通に申し込みをすると付属品の中に充電器が入っていません。
充電器は別料金のオプションとして申し込みが必要なのです。

でも充電器オプションは1,800円もするのでかなり高いという印象です。
どんなときもWiFiの充電はどうすれば良いのか、考えてみました。

どんなときもWiFiで購入できる充電器の性能

どんなときもWiFiで使う充電器が特別な性能のものなら、公式サイトから
購入が必要になると思いますが・・・

市販されているものと変わらなければ、公式サイトから購入する必要はない
ということになります。

そこでどんなときもWiFiの公式サイトで購入できる充電器の性能について
確認してみましょう。

性能表などはないのですが、公式サイトでは2.1A対応の高出力アダプタで
急速充電が可能とあります。

ケーブルはMicro USBということなので、性能的には普通の充電器だと思います。
つまりわざわざオプションに加入する必要はない、と感じました。

専用充電器以外を使っても問題はない

オプションの説明にはどんなときもWiFiの専用充電器という説明がありますが
実際に専用充電器以外を使って充電しても問題はありません。

というか、公式サイトでも「お客様にてご用意される場合にも・・・」という
記載があります。

つまりユーザーが自分で用意した充電器を使ってどんなときもWiFiの端末を
充電しても何も問題がない、ということになります。

ただし充電器なら何でも良い、というわけでもないのですが。
それについてもちょっと調べておきましょう。

AndroidやiPhoneの充電器でも利用可能

モバイルルーターを使う、ということは自宅で何かしらのモバイル端末の充電を
行う用意があるということだと思います。

簡単に言えばスマホぐらいは持っているのではないかと。
それならスマホの充電器も自宅に一つはあるはずです。

その充電器を使ってどんなときもWiFiの端末を充電することが出来るのか。
答えは「問題なく出来る」です。

Android用のもの、iPhone用のどちらの充電器でも問題なく充電が出来ます。
普通に市販されている充電器で問題なく使えます。

ただし購入する場合にはちょっと注意が必要になります。
購入するところ、100円均一ショップでの購入はちょっと注意しましょう。

100均で購入した充電器やUSBケーブルを使わないほうがいい理由

どんなときもWiFiの公式サイトで記載があったように、充電器は2A以上対応の
商品を使うことが推奨されています。

それは単純に2A以上の充電器なら高速充電に対応しているという理由があります。
それともう1つ、付属のUSBケーブルも2A対応だからです。

充電に関するアイテムの規格は出来る限り合わせるほうが問題が少ないです。
無駄な電気のロスをなくし、それぞれに負担をかけることも少なくなります。

それと、かなり確率は低いのですが100均の商品でショートして発火した
という報告が以前に行われています。

単純に不良品の問題なのでしょうが、家電量販店などに比べると製品のチェックは
ちょっと甘くなってしまうという現実もあります。

特に精密機器の充電に関するアイテムなので、できれば100円均一ショップの
商品は使わないことをおすすめします。

実際の充電時間についても考えてみる

充電器はどんなものを使ってもそれほど問題がない、というのが分かったので
実際に充電にかかる時間も確認してみましょう。

どんなときもWiFiの端末をフル充電するのにかかる時間はどれくらいなのか。
またフル充電した時にどれくらいの時間、使う事ができるのか。

一応カタログスペックではフル充電で13時間の利用が可能、とあります。
まあ待機時間を含めてということでしょうが・・・

充電にかかる時間など、詳しく調べてみます。

電池の持ち時間を計算するために必要な数値

まずはバッテリーの持ち時間を計算するために必要になる数値を確認します。
単純にバッテリー容量というだけでは計算が出来ないのです。

・ ミリアンペア時 mAh
・ ワット時 Wh
・ ワット W
・ アンペア A
・ ボルト V

バッテリーや充電に関する数値としてはこれくらいの単位が考えられます。
それぞれを簡単に説明してみます。

ミリアンペア時

1時間に流すことが出来るアンペア(電流)の数値のこと。
540mAhだったら1時間に540ミリアンペアを流すことが出来る、ということ。

ワット時

1ワットの電力を1時間使い続けたときの電力量、または1ワットの仕事率で
1時間続けたときの仕事量のこと。

ワット

電力とも言われる、仕事効率を表す単位。
計算式は電圧×電流で求められる。

アンペア

電流を表す単位、電気の流れる量のこと。
数値が大きければ大量の電気が流れる、ということに。

ボルト

電圧のこと。
電気の流れる勢い、という印象で間違いないかと。

バッテリー容量は定格容量で表されることが多い

実際にスマホやモバイルルーターのスペックを見てみると、バッテリー容量には
定格容量、AhやmAhで表示されていることが多いです。

定格容量とは特定の条件下でフル充電された充電池から取り出せる電気量のことです。
完全放電されるまでの時間を基準にしているのでAhやmAhで表記されるのです。

ただしこの数値は一定条件下、という条件付きの数値となっているので実際には
多少数値が変わるという状態になります。

消費電力はWhで表される

バッテリーの容量に対して消費電力、人によっては実効電力と言うそうですが
一般的には消費電力の方がわかりやすいです。

この消費電力はWhで表されます。
10Whなら1時間に10Wの電力消費量がある、ということになります。

まあこちらは普通に電化製品の消費電力で知っている人も多いと思いますが。
例えばドライヤーは200Wと消費電力が高いので利用に注意するとか。

500Wの電子レンジと200Wのドライヤーを同時に使うとブレーカーが
上がりやすい、なんて時にも耳にすると思います。

まずはこれを把握しておきましょう。

モバイルルーターの消費電力を確認

では実際にどんなときもWiFiで使っているモバイルルーターの消費電力を
ちょっと計算してみましょう。

どんなときもWiFiで使っているモバイルルーターはD1という機種で
バッテリー容量は3,500mAhです。

充電器が5Vなので充電池の電力量は3.500mAh×1,000÷5Vで17.5Whです。
これがD1で使っているバッテリーの消費電力、ということに。

ただしこれは単純計算の数値なので、実際にはもう少し数値が下がります。
充電池の場合は2割減、というのが一般的です。

つまり17.5Whから20%少なくした数値、14Wh程度が本来の消費電力
というところでしょうか。

例えば10,000mAhのモバイルバッテリーなら5Vで使うとして50Whなので
これを14Whで割ると約3.5時間の利用が可能ということに。

まあ実際は最大値なのでいつでも14Whではないのでもう少し長く使うことが
出来ると思います。

どんなときもWiFiのバッテリーをフル充電するまでの時間

どんなときもWiFiのモバイルルーターの消費電力が分かったところで
実際に充電にかかる時間を計算してみます。

まあこっちはさらに計算が面倒くさくなるのですが・・・

バッテリーの充電にはバッテリー容量の他に受電機のアンペアも重要になります。
電流が多く流れればそれだけ早くバッテリーをフル充電させやすくなるのです。

1Aの充電器でどんなときもWiFiのモバイルルーターを充電した場合

まずはわかりやすく、自宅にあるのが昔のスマホで使っていた1Aの充電器で
それを使ってどんなときもWiFiのモバイルルーターを充電したとします。

バッテリー容量が3,500mAhということは3.5Ahです。
これを1Aで充電するのですからそのまま割れば3.5時間かかるという計算に。

ただしこちらも何もロス無く充電できるとは限らないので、計算通りには
出来ないということのほうが多いです。

やはり目安として2割位のロスがあるとしても3.5÷0.8で約4.3時間。
これくらいの時間がかかると予想されます。

2Aの充電器で充電した場合の時間を計算

では高速充電が可能という2Aの充電器を使った場合にはどれくらいの
充電時間になるのでしょうか。

単純に倍の速度で電気が流れるので3.5Ah÷2Aの1.75、つまり1時間45分で
充電が完了するということになります。

ただこちらも机上の計算値、ということで若干効率が悪くなることを考えて
2割減の計算をしてみます。

3.5Ah÷1.8の約1.94、つまり大体2時間位で充電が完了するということに。
スマホの充電を考えても大体これくらいの時間だと思います。

3Aの充電器でフル充電する時間を計算

さらに高速充電可能な3Aの充電器ならどうなるのでしょうか。
単純計算なら3.5÷3の約1.16と1時間10分くらいという計算に。

こちらも効率が悪くなることを考えた計算をしてみると3.5÷2.8の
1.25、つまり1時間15分で充電ができる計算になります。

ここまでくるとかなりの高速充電が可能、という印象です。
実際に充電完了までの時間も計算上ですがかなり短くなっています。

充電器はiPhoneのものでも使えるが注意が必要

充電にかかる時間が分かったところで、どんな充電器を使えばいいのかを考えます。
自宅にあるものでも大丈夫なのは以前に説明したとおりです。

ただしiPhoneの充電器を使う場合にはちょっとした注意が必要です。
以前のiPhoneでは充電器のアンペアが低いこともあります。

先ほどの充電にかかる時間の計算でもわかるように、充電器のアンペアはとても重要で
この数値が低いと時間がかかってしまいます。

そして以前のiPhoneの充電器には1.3Aなどのものがあるのです。
これをそのまま使うと充電に時間がかかるということになります。

付属ケーブルも違うので注意

もう1つ、iPhoneに付属しているのはライトニングケーブルです。
どんなときもWiFiのモバイルルーターはMicro USBです。

つまりケーブルの種類が違うので、そのままでは使えません。
まあ充電ケーブルはどんなときもWiFiのルーターのものを使えばいいのですが。

それとこのUSBケーブルも2A対応の商品を使わないと、充電時間を短縮する
ということができなくなります。

充電器から2Aの電流が来ても、それをつないでいるケーブルが2Aに対応していない
という場合は電流が滞ってしまうのです。

これも場合によっては発火の原因になるので、できれば2A対応のケーブルを
ちゃんと用意しましょう。

ドコモ純正のACアダプタは使える?

大手のスマホキャリアのドコモでも多くのアクセサリーが販売されています。
そのドコモのACアダプタもどんなときもWiFiで使えるのでしょうか。

現行のACアダプタ7では端子がUSB Type-Cになっています。
つまりどんなときもWiFiのMicro USBとは違っています。

一応変換プラグを使えば使えるのですが・・・
そこまでして使うよりも別の充電器を購入したほうがおすすめです。

ちなみにMicro USBはACアダプタ5が対応していますが、こちらは1.3Aと
電流が低いのでやはりおすすめしにくいです。

ドコモ純正品は使えるのですが、おすすめしにくいという印象です。

市販の充電器の選び方

ではどんなときもWiFiのモバイルルーターを充電するために選ぶなら
どんな充電器を選べばいいのか。

おすすめの充電器のタイプを説明してみます。

まああくまでも私のおすすめする条件、ということなので自分にとって
重要と思われることを選んで優先順位を決めてください。

高速充電に対応している充電器

それなりの大容量バッテリーを搭載さしているモバイルルーターを使うので
高速充電に対応している充電器のほうがおすすめです。

簡単に言えば2A対応の充電器ということに。
3Aでもいいので1A以外の充電器を選びましょう。

USBが2口以上あると便利

モバイルルーター以外にも充電が必要になる端末は多くあると思います。
それなのに充電器にはUSBが1つしかない、というのはちょっと使いにくいです。

そこでUSBが2口以上付いている充電器を選ぶと、コンセントを圧迫せずに
他の端末の充電も出来るようになります。

スマホに付属している充電器は1口のタイプも多いので、自分で購入するなら
2口以上付いている商品のほうが使いやすいと思います。

2口で合計2Aという商品には注意

充電器の中には2口あるのですが、それぞれ独立して電流を管理していない
という商品もあります。

つまり3A対応の充電器なのですが、2口あって両方合計して3Aなのです。
同時に使うと、それぞれ1.5Aずつしか使えないという状態になります。

これではせっかく2口の充電器を購入してもあまり意味がなくなってしまいます。
両方使えば高速充電が出来ないというのはちょっと・・・

2口以上の場合は、それぞれ独立して2A使えるものを選びましょう。

おすすめ商品の紹介

では実際にどんな商品がどんなときもWiFiの充電器としておすすめなのか。
商品をAmazonで探してみました。

まあこちらもあくまで私の主観でのおすすめ、ということで。
自分の状況や環境と合わせて考えてみてください。

Anker PowerPort mini

2ポートの2A対応の充電器です。
値段は1,000円を超えますが、どんなときもWiFiのオプション料金よりも安いです。

OYANTEN USB充電器(B07MH7PLYR)

3口あって価格も700円以下とかなりコスパに優れた商品です。
そのためかAmazonでも品切れ状態が多い気もします。

iclever USB充電器 2ポート

価格が1,200円とかなり高くなりますが、それだけ信頼できる商品ということで。
こちらは海外対応なのでどんなときもWiFiを海外で使う方におすすめです。

充電器を探すならAmazonで検索するのもおすすめ

価格帯も性能も、かなり多くの充電器が取り扱われているので実際に自分で
探してみたいという方も多いかと。

そんなときにはAmazonのサイトに行ってパソコン、周辺機器のカテゴリーで
検索をかけてみましょう。

その時に入力するのは「充電器3A」です。
または「充電器 2A」でもいい商品が検索できると思います。

こちらで検索すれば高速充電に対応したケーブルも一緒に探せます。
どんなときもWiFiの付属品を使いたくない、という場合にも便利です。

ちなみにどんなときもWiFiの付属ケーブルを紛失した場合には違約金がかかるので
大事に箱にしまっておいて、別のケーブルを使うほうがおすすめです。

 

LTEのポケットWIFIはWIMAXよりメリットある?

クラウドSIMのメリットは3キャリアで繋がりやすい電波を掴むこと。

ドコモ、au、ソフトバンクの中で繋がりやすい電波?

いえいえ・・・

どのキャリアも全国カバー率はほぼ同じですから・・・

じゃあどんなときもWIFIはどこのキャリアにつながる?

ズバリ、ソフトバンクという噂が多いです。
これが事実だとするとどんなときもWIFI=ソフトバンクのLTEが使い放題のポケットWIFI

となります。
しかも無制限。

 


>>無制限のどんなときもWiFi

 



 

んーどうなんでしょうか?
確かにWIMAXよりはいいですよね。
WIMAXは電波が直進性が高いので、障害物によわいのですよ。

その点、LTEはスマホのネット回線の電波と同じなのでサクサクネットできます。

すまり、3キャリアかどうかはあまり関係ないです。

繋がりやすさが大事、電波が大事!
 

じゃあ別にLTEで安ければいいんでね?という人はこちら。
2000円台で使えます。
 

ただし、無制限ではありません。
でも20ギガって結構な量ですよ。
 


>>20GBを月額2,400円(税別)で使えるWiFi

 

コスパ重視ならネクストモバイル。
 

でもどうしても無制限ならどんなときもWIFI。

私はこう考えます。
 
 



 
 
 

-どんなときもWIFI

Copyright© 疑って選ぶWIFI , 2020 All Rights Reserved.