どんなときもWIFI

どんなときもWiFiの対応エリアはソフトバンクのみ?

更新日:

モバイルルーターのサービスとしてはとても魅力的なサービスと言われているのが
どんなときもWiFiです。

その魅力の1つには対応地域の広さというのがあります。
説明では大手3大キャリアの地域で使えるということですが・・・

実際にどんなときもWiFiはどんなエリアで使う事ができるのか。
ちょっと確認してみることにしました。

どんなときもWiFiは3キャリア全ての地域が使えるわけではない

どんなときもWiFiはトリプルキャリア対応、つまり日本国内の3大キャリアの
ドコモ、ソフトバンク、auの電波を使って通信ができると説明しています。

これは実際に正しいのですが、この説明が全てではありません。
実は3大キャリアのエリアとどんなときもWiFiのエリアは同じではないのです。

確かにどんなときもWiFiはそれぞれのキャリアの電波を使って、最適な状態で
通信が出来るようにサービスの提供をしています。

でも公式サイトでもこんな説明がありました。

どんなときもWiFiの公式サイトのエリアの説明

公式サイトではトリプルキャリア対応、と説明している中にこんな注意書きが
掲載されていました。

「提供エリアは各キャリアの公表エリアとなりますが、本サービスの端末が対応している
帯域のみご利用いただけます」

つまりどんなときもWiFiでレンタルできる端末で拾うことが出来る周波数帯の電波が
受信できるところでインターネットへの接続が出来る、ということに。

携帯電話の対応地域とは若干異なるということになっています。

では端末が対応している帯域というのはどういうことなのか。
これはキャリアの提供している電波の周波数帯のことです。

この辺りのことはちょっと専門的なことになるので後ほど詳しく説明しましょう。

どんなときもWiFiではソフトバンクの電波が優遇されているという噂

実際にどんなときもWiFiを使っている人の口コミを調べてみると、端末で受信している
電波の多くがソフトバンクの電波という人が多いようです。

さらに調べてみると、ドコモの電波を受信したことはあるけど、auを使ったことは
一度もなくほとんどがソフトバンクで接続されているという人も。

ちなみに現在どこの海鮮を使っているのかを知るには、確認くんというサイトで
すぐに分かります。

確認くんに接続すると色々な項目が表示されますが、その1つのゲートウェイ
というところを見るとどこのキャリアを使っているのかわかるようになっています。

実体験としては確かにソフトバンクの電波が受信されていることが多いようです。
まあユーザーが選んで受信できないので、なんとも言えないのですが。

一応どんなときもWiFiの公式サイトでは「その時に最適と思われる電波を選んで
受信している」と説明していますが。

現在は3大キャリアの提供エリアはほぼ同じくらいの広さ

では実際に提供されている各キャリアの対応地域はどうなっているのでしょうか。
以前はドコモがかなり広い地域で提供されているということでしたが・・・

現在の提供エリアはどこのキャリアでもほぼ互角、だいたい同じくらいの地域で
利用可能ということになっています。

ドコモは3G回線では人口カバー率100%というかなりの広いエリアでの利用が
出来るという魅力がありますが・・・

LTE回線に関しては3大キャリアが99%以上という人口カバー率の発表をしている
という状態なのでほとんど違いがありません。

まあこの場合は人が住んでいるところでの対応エリアということになりますが。
山間部などでは若干変わる可能性もあります。

つまり本当にソフトバンクが優先されているなら、山間部ではどんなときもWiFiは
つながりにくいということもあるかもしれません。

それにソフトバンクは都市部でも基地局の数自体はちょっと少ないのがきになるので
キャリアの切り替えが上手にできない場合はかなり不安が残ります。

クラウドSIMだからエリアが広いわけではない

どんなときもWiFiの特徴でもある「クラウドSIM」はサーバー上のSIMデータに
端末へのデータ提供をすることでSIMカードに縛られない通信が出来ます。

つまりSIMカードを端末に使っていないので、特定のSIMカードの対応エリアのみ
通信ができるという従来の端末とは違って通信エリアが実現しています。

ただし日本国内で言えばどこのキャリアを選んでも、大体同じくらいの対応エリアで
通信が出来るようになっています。

対応エリアに関して言えばクラウドSIMだから広くなっている、ということは
全く無いのです。

確かに特定のキャリアではつながりにくいという地域があると思いますが、その場合は
現状の日本国内ではかなり少ないと思います。

対応エリアは基地局からの電波の周波数帯の種類で決まる

では実際にどんなときもWiFiの対応エリアを決めているのはどんなことなのか。
これは先程ちょっとだけ説明した電波の周波数帯に関係してきます。

各キャリアの通信電波は基地局から中継アンテナなどを通って各端末に届く
ということになります。

そしてそれぞれのキャリアでは電波通信法に基づいた周波数帯の電波を使っているのです。
その電波の周波数帯の種類によってどんなときもWiFiの対応エリアが決まります。

基本的に各キャリアで提供している端末なら、そのキャリアが使っている電波の全ての
周波数帯を受信することが出来ます。

でもどんなときもWiFiでは受信できる周波数帯の種類が決まっているので
対応していない電波が基地局からでているエリアではつながらないということに。

電波の周波数って何?

ではそもそも電波の周波数とはなんなのでしょうか。
簡単に言えば電波の波長の長さの違いです。

電波とは波を打って飛んでいくので、その波の間隔の大小によって種類が分けられ
それが周波数として分類されるのです。

かなり簡単に言えば波の幅の違いで電波は種類分けしている、ということに。
その分類のことを周波数帯、バンドと呼んでいます。

周波数帯というのは特定周波数の電波の通り道、という感じです。
この特定の周波数帯を受信できる端末があれば通信が出来る、ということになります。

通信エリアは端末が受信できる周波数帯によって決まる

そして各携帯キャリアでは使っている周波数帯がちょっとだけ違います。
現状LTEとして主流の2.1Ghzは3大キャリアのどこでも対応していますが。

当然どんなときもWiFiでもこの周波数帯の電波を受信することが出来ます。
ただし全ての利用されている周波数帯の電波を受信することは出来ません。

つまり3大キャリアに対応している、と言っていますが実際にはキャリアが
発信している全ての電波を受信することが出来ないのです。

受信できるのは端末が対応している周波数帯の電波だけ。
これがどんなときもWiFiの対応エリアということになるのです。

3大キャリアの対応周波数

ドコモとソフトバンク、auがそれぞれどんな周波数帯の電波を使っているのか。
詳しく確認してみます。

まずはドコモが使っている電波について。
バンドで確認してみます。

・ バンド1 2.1Ghz 海外の携帯電話でも使われる主流の周波数帯
・ バンド3 1.8Ghz 東名阪エリア限定で使われる周波数帯
・ バンド19 800Mhz バンド1では届かない地域をカバー いわゆるプラチナバンド
・ バンド21 1.5Ghz 地方都市だけで使われている
・ バンド28 700Mhz こちらも地方都市で使われるプラチナバンド
・ バンド42 3.5Ghz キャリアアグリゲーションで使われている高速通信の電波

一部はあまり重要ではない、地方都市のみなど限定地域で使われている周波数帯や
快適な通信のためにはかなり重要と思われる周波数帯もあります。

次にソフトバンクで使っている電波についてもバンドで確認してみましょう。

・ バンド1 2.1Ghz こちらでも主力となっている周波数帯
・ バンド3 1.8Ghz 買収で子会社になったY! mobileが使っている周波数帯
・ バンド8 800Mhz ソフトバンクで使っているプラチナバンド
・ バンド11 1.5Ghz 実験的に利用している周波数帯
・ バンド28 700Mhz 対応地域が狭いプラチナバンド
・ バンド41 2.5Ghz AXGPと言われる高速通信可能な周波数帯
・ バンド42 3.5Ghz キャリアアグリゲーション用の高速通信の周波数帯

使っている周波数帯はドコモよりも多いのですが、それほど重要とは思えない
周波数帯もあるので注意が必要かと。

最後にauで使っている周波数帯も確認してみます。

・ バンド1 2.1Ghz auでもこちらが主力の周波数帯
・ バンド11 1.5Ghz 実験的に使われている周波数帯
・ バンド18 800Mhz auのプラチナバンド
・ バンド26 800Mhz 同じくauのプラチナバンド
・ バンド28 700Mhz 実験的なプラチナバンド
・ バンド41 2.5Ghz 系列会社のWiMAX2+で使っている周波数帯
・ バンド42 3.5Ghz キャリアアグリゲーション用の高速通信の周波数帯

バンドとしてはauでは、バンド1とバンド18をどちらも主力としているので
バンド18に対応していない端末ではauがとてもつながりにくいと感じます。

どんなときもWiFiの端末が対応している周波数帯

では現在取り扱われているどんなときもWiFiで使われている端末では
どんな周波数帯に対応しているのでしょうか。

公式サイトに載っている端末の性能表で確認してみると
バンド1、2、3、4、5、7、8、9、17、19、20、38、39、40、41です。

ちなみに現在のレンタル出来る端末はD1という端末で、以前は別の端末が
レンタルされていました。

こちらではまたちょっと性能が違うということですが・・・
とりあえず現状の端末の対応周波数帯を確認しておきます。

これを見ると各社主力にしているLTEで使っている周波数帯には対応をしている
というところですが・・・

プラチナバンドに関してはかなりキャリアによって差がついてしまっている印象です。
特にauのプラチナバンドのバンド18に対応していないのはかなり厳しいところです。

先ほど説明したようにauではバンド1と同じくらいバンド18を主力として
提供しているのでこれに対応していないとつながりにくいと感じてしまいます。

どんなときもWiFiでauにつながったことがない、という口コミの原因はこの
端末が対応している周波数帯によるもの、と考えられます。

端末とパソコンはWi-Fiでつなぐので対応バンドは関係ない

インターネットに接続するための回線は基地局から発信されるこれらの電波です。
ただしその電波を受信する端末とパソコン等をつないでいるのは単純にWi-Fiです。

ノートPC等をインターネット接続するときにはどんなときもWiFiのモバイルルーターを
中継して回線接続をします。

このどんなときもWiFiのモバイルルーター端末とパソコンは無線LAN規格の一つ
Wi-Fiという電波を使っています。

こちらも電波回線ですが、LANという端末同士をつなぐ回線なのでインターネットへの
接続回線のように基地局からの電波は関係ありません。

スマホもデータ通信を使わずにどんなときもWiFiの端末とWi-Fi接続すれば
データ定額パックの容量を節約することが出来ます。

この時にスマホ自身は自分のキャリアの基地局とデータ通信をしていないので
基地局の周波数帯とは関係なくインターネット接続が出来るようになります。

WiMAX2+とどんなときもWiFiのエリア比較は特徴が違うから無意味

制限なしのモバイルルーターのサービスと言えば、もう1つ有名なサービスが
WiMAX2+です。

月間データ通信容量上限なしというプランが提供されていて、比較的広いエリアで
インターネット接続が出来ると言われています。

どんなときもWiFiと同じようなサービスなのですが、このWiMAX2+の対応エリアと
比較することはあまり意味がありません。

「どちらか使える地域の広い方を選ぶ」という人もいると思うのですが・・・
そもそもサービスに使っている電波の特徴が違うのであまり意味がありません。

WiMAX2+で使っているのは2.5Ghzの周波数帯電波

WiMAX2+では高速通信が出来るモバイルルーターとして注目されている回線ですが
こちらでは2.5Ghzの周波数帯電波を使っています。

先ほどauの利用しているバンドの説明でもしましたが、バンド41の電波を使って
提供されているのがWiMAX2+です。

こちらはキャリアアグリゲーションを使えば下り最大1Gbpsを超える通信速度が
期待できる高速通信が可能な電波回線となっています。

その一方で高周波数帯の電波なので障害物で反射しやすく、室内や地下の空間では
電波が届きにくいという特徴があります。

印象で言えば、高速通信に特化した周波数帯の電波を使っているのがWiMAX2+です。

どんなときもWiFiは接続しやすさを重視したLTEに特化している

一方のどんなときもWiFiでは、各社の主力回線として提供されている周波数帯の
つながりやすさを重視した周波数帯を選んで対応させています。

主に主力となっているバンドに対応した端末を提供しているので、通信速度よりも
どこでも使えるという利便性を求めたタイプとなっています。

そして通信速度自体も下り最速150Mbpsという速度制限があります。
インターネットには十分ですが、高速通信とは言えない通信速度なのです。

確かにキャリアアグリゲーションにも対応した周波数帯の電波も受け取れるのですが
やはりメインは各キャリアの主力バンドを集めている、という印象です。

それぞれの周波数帯の電波にメリットとデメリットがある

電波の特徴が分かったところで、それぞれの周波数帯電波のメリットとデメリットも
簡単に確認しておきましょう。

WiMAX2+で使っている2.5Ghzという高周波数帯の電波では周波数帯の幅が広いため
多くのデータを変換して一度に送信することが出来ます。

取り扱えるデータ量が多い、という特徴があります。
これが通信速度にも影響してくるのです。

一度に多くのデータを運べるのでデータのやり取りに時間がかからず、結果として
通信速度が速いということになります。

ただし高周波数帯の電波は直進しようとする力が強く、障害物にあたると反射して
違う方向に直進してしまうのです。

WiMAX2+の電波が室内や地下空間で弱い、というのはこの電波の性質の影響です。

どんなときもWiFiで使っているのは主に各キャリアの主力の2Ghz周波数帯のLTEで
他にプラチナバンドも使えるようになっています。

900Mhzくらいの低周波数帯の電波は遠くまで届けることが出来て、障害物があると
避けて通るという性質があります。

直進にこだわらず前に進むので障害物があっても電波が届きやすいというメリットが
あるのですが・・・

電波の幅が狭いので一度に運べるデータ量が少なく、通信速度が遅いという
デメリットが出来てしまいます。

WiMAX2+は場所によってご機嫌が違うツンデレ回線

それぞれの回線の特徴を考えて簡単に説明をしてみることにします。
まずWiMAX2+ですが、電波が届く地域ならかなりの高速通信が期待できます。

電波が届きやすいところならご機嫌に高速通信が出来るのですが、エリアによっては
対応地域内でも電波が届かないということも。

当然電波の受信ができなければ通信速度も遅くなってくるので、とても使いにくく
扱いが難しくなるという印象です。

簡単に例えるならツンデレの激しい回線、という感じでしょうか。
ご機嫌なときには甘えさせてくれるのですが、機嫌悪いときには接続すらできません。

どんなときもWiFiは広く使える安定性が魅力

どんなときもWiFiは各キャリアの主力のバンドが使えるので、基本的にどこでも
安定してネット接続が出来るという特徴があります。

通信速度としてはそれなりですが、インターネットをするためには何の問題もなく
快適に使える通信速度が出せると思います。

自分で使うキャリアを選ぶことは出来ませんが、自動選択で最適な周波数帯を選ぶ
という説明を信じるなら大きな問題はないと思います。

使いやすさと安定性が魅力のどんなときもWiFiという印象です。

どんなときもWiFiの活用方法とエリアの影響

どんなときもWiFiは広いエリアで安定して使える、というのが魅力なのですが
実際に使う場合は平地のみで使うわけではありません。

色々な使い方が感がられるのですが、その活用方法に関して利用できるエリアが
どんな影響を与えるのかも考えてみましょう。

まあ簡単に言えば、どこで使っても問題なくインターネット接続が出来るのか
調べてみよう、ということです。

ちょっと特殊ですが使い方としてはあるかも、という使い方をする場合の
エリアの影響を確認してみます。

新幹線の中

そもそも新幹線の中ではスマホなどキャリアの電波がつながりにくい、といわれ
あまりインターネットが快適な環境とは言えませんでした。

まあ特に新幹線は在来線とは違う地域に通しているので、キャリアのアンテナが
あまり建っていないと言われています。

それにトンネルも多く、電波が途切れることも多いのですが・・・
キャリアの電波を使っているどんなときもWiFiも厳しいところのようで。

一応大手キャリアから最適な電波を自動的に選んで受信する、というのですが
キャリアの電波自体が届きにくい環境では厳しいです。

それに新幹線にはFree Wi-Fiのサービスがあるので、セキュリティや速度の
問題があるのですがこちらを使うほうがおすすめです。

山間部

山登りやハイキング、キャンプなどで都心を離れる時にもインターネット回線が
あれば便利なのは分かってもらえるかと。

でも山の中でインターネット回線を使う事ができるのでしょうか。
この問題ならどんなときもWiFiが簡単に解決できます。

元々ドコモの回線は日本全国かなりの地域にエリア拡大されている、というのが
以前から言われていることです。

まあ現状人口カバー率で確認すると対応エリアの違いは殆どないのですが。
でも山間部等あまり人の住んでいない地域に関してはまだドコモが強いです。

実際に富士山の山頂などドコモのLTEがとてもつながりやすいので
このドコモ回線も使えるどんなときもWiFiはおすすめしやすいです。

ただしソフトバンク回線が優先されてドコモ回線に切り替わらない、という場合には
繋がりにくくなる可能性があることも覚えておきましょう。

家の中

持ち運ぶだけではなく、室内での利用もモバイルルーターで考えているという方は
最近とても多くなっているようです。

室内での通信の安定性もどんなときもWiFiなら大丈夫です。
各キャリアの主力バンドを使う事ができるためです。

各キャリアの主力バンドとして使われているバンド1は室内での安定性もかなり高く
どこのキャリアでも問題なくインターネット接続が出来ます。

室内に関しては何の問題もなく、安定して使う事が出来ます。

地下

地下鉄の駅では基本的にキャリアのアンテナが立てられていることが多いのでほぼ
問題なく使えると思います。

地下鉄の車内でも基本的には問題はないかと。
キャリアによって電波の強弱はありますがどんなときもWiFiなら関係ありません。

実際に地下鉄の車内で使っている、という口コミもありましたが通信速度は
全く問題なく動画を見ることも出来たようです。

地下街などでも大手キャリアのアンテナは多くあるので基本的には問題なく
使えるはずです。

高層階

高層マンションなど、高いところでもどんなときもWiFiを使えるのか。
実際に試している人がいたので状況を確認してみました。

タワーマンションの高層階で通信速度のテスト、スピードテストをした結果が
公開されていました。

20階くらいでは通信速度も下り10Mbps前後とそれなりの通信速度がでているので
問題なく使えるかと。

ただ40階まで行くと、下り3Mbps程度に遅くなってしまいました。
まあ通信ができるだけ良い、という考え方もできますが。

かなりの高層階だと、やはり通信の安定性は落ちてくると思います。
ただ普通に使う分にはそれほど問題は無い通信速度がでていました。

モバイルルーターを選ぶときは、何を優先するか決めてからにする

ここで1つ、モバイルルーターのサービスを選ぶときには何が自分にとって
重要な要素なのかをきちんと考えてから契約をしましょう。

どんなときもWiFiなら広いエリアで安定して使う事ができる、という特徴が
とても大きなメリットと感じます。

でも通信速度を優先しているユーザーならどんなときもWiFiの下り最速150Mbpsは
かなり遅いと感じるはずです。

つまりこのユーザーに向かってどんなときもWiFiはおすすめではない、ということに。
同じ様にそれぞれ優先させるべき特徴があると思います。

対応エリアの広さ、通信速度、月額料金、対応しているバンドの種類なども気になる
という方はいると思います。

これらのどれを優先しているかで、モバイルルーターを選ぶことをおすすめします。

海外でもどんなときもWiFiは使える

使えるエリアということなら、どんなときもWiFiは海外でもそのまま持っていって
使う事ができるのです。

一応海外で使う場合は、現地で電源を入れ直すという手順が必要になりますが
余分な契約など必要なく、日本で使っていた端末をそのまま持っていくことが出来ます。

しかも対応地域はかなり多く、旅行や出張にも使いやすいのでおすすめです。

ちなみに海外の対応地域は以下のとおりです。

・ アジアオセアニア地域26ヶ国
韓国・香港・中国・台湾・マカオ・オーストラリア・ニュージーランド・シンガポール・タイ・ベトナム・マレーシア・フィリピン・インドネシア・カンボジア・ミャンマー・ラオス・ネパール・インド・スリランカ・バングラデッシュ・カザフスタン・モンゴル・パキスタン・グアム・サイパン・フィジー

・ ヨーロッパ41ヶ国
オーストリア・ベルギー・スイス・チェコ・ドイツ・スペイン・フィンランド・フランス・ギリシャ・イタリア・オランダ・ポルトガル・ロシア・スロベニア・トルコ・リヒテンシュタイン・モナコ・キプロス・ハンガリー・ラトビア・ポーランド・スウェーデン・ウクライナ・エストニア・クロアチア・アイルランド・リトアニア・ルクセンブルク・セルビア・ノルウェー・アルバニア・デンマーク・スロバキア・イギリス・サンマリノ・バチカン市国・ブルガリア・アイスランド・マルタ・ルーマニア・オーランド諸島

・ 北米2ヶ国
アメリカ・カナダ

海外で使う場合には追加料金がかかるので注意

海外でどんなときもWiFiを使う場合には、端末をそのまま持っていくことが出来ますが
海外で使った通信には別料金がかかります。

通信速度は1日1GBまで高速通信が出来て、それを超えると384Kbpsまで通信速度が
下がることになります。

そして使った分だけ料金が課金されます。
料金は1日毎、地域によって金額が変わります。

アジア、オセアニア、ヨーロッパ、北米各国では1,280円。
中東、南米、アフリカ各国では1,880円が1日毎にかかります。

これは月額料金とは別に加算されるので注意しましょう。

まとめると通信エリアと安定性はかなり高い

自分で選ぶことができないと言っても、その時に安定している回線を選んで接続が
出来ているので回線の安定性はかなり高いと思います。

ただ、現状はモバイルルーターを契約するならWiMAX2+とポケットWiFi等LTE回線の
サービスと2択、ということになります。

WiMAX2+と比べればLTEは安定性が高いのは当然なので、そこを魅力に感じるか
というのは疑問もあるのですが。

それに3大キャリアの電波が使える、と説明されていますが、その全てを使える
というわけではなく使える周波数帯が限られているのもマイナスの印象です。

そして本当にソフトバンク回線だけが優先されていて、他のキャリアの電波が使いにくい
という状況ならさらに減点対象なのですが・・・

一応、他のキャリアの電波に切り替えたいときにはルーター本体の再起動をすれば
切り替えが出来るときもある、というので試して見る価値はあるのですが。

通信速度にはあまり期待せず、広いエリアで安定した通信をしたいというなら
どんなときもWiFiはおすすめしやすいと思います。

 

LTEのポケットWIFIはWIMAXよりメリットある?

クラウドSIMのメリットは3キャリアで繋がりやすい電波を掴むこと。

ドコモ、au、ソフトバンクの中で繋がりやすい電波?

いえいえ・・・

どのキャリアも全国カバー率はほぼ同じですから・・・

じゃあどんなときもWIFIはどこのキャリアにつながる?

ズバリ、ソフトバンクという噂が多いです。
これが事実だとするとどんなときもWIFI=ソフトバンクのLTEが使い放題のポケットWIFI

となります。
しかも無制限。

 


>>無制限のどんなときもWiFi

 



 

んーどうなんでしょうか?
確かにWIMAXよりはいいですよね。
WIMAXは電波が直進性が高いので、障害物によわいのですよ。

その点、LTEはスマホのネット回線の電波と同じなのでサクサクネットできます。

すまり、3キャリアかどうかはあまり関係ないです。

繋がりやすさが大事、電波が大事!
 

じゃあ別にLTEで安ければいいんでね?という人はこちら。
2000円台で使えます。
 

ただし、無制限ではありません。
でも20ギガって結構な量ですよ。
 


>>20GBを月額2,400円(税別)で使えるWiFi

 

コスパ重視ならネクストモバイル。
 

でもどうしても無制限ならどんなときもWIFI。

私はこう考えます。
 
 



 
 
 

-どんなときもWIFI

Copyright© 疑って選ぶWIFI , 2021 All Rights Reserved.